私の作品です♪少しずつ増やして行きたい♪

   

 

 2,008年7月21日

8月25日

 2,011年5月5日 

 2,012年2月9日  10月15日

 右は御無沙汰して居る方へ、左は普段からお会いして居る方へ、「暑中見舞い」を2種類に分けて書いてみた。

 情勢の変化につれて喜んだり心配する事を意味する。  心を一つの事に集中して、他の事に気をとられない事を意味する。  2つの作品は、線の強弱が違う。
 右の方が呼吸が長い為に、滑らかな線に成った。
 左は、全体的に丸味の有る作品に仕上げた。

 書道展で展示した時の風鈴の響きが心に残り遊び文字で『風りん』と書いてみました。

 

 9月11日  9月24日  10月17日  11月30日  2,007年5月17日
 秋の手紙用語として「漢字仮名交じり文」を書いてみた。中心を通す書き方に 、平仮名は滑らかな線にした。

 百人一首を書いてみた。(左:持統天皇、右:天智天皇)

 松尾芭蕉の俳句を書いてみた。濁点は後から入れた。

 自分の好きな言葉を書いてみた。平仮名は小さめにした。  一条先生から戴いたお言葉♪ちょっとユニークなお言葉も!

 

 2,006年8月22日  8月23日  9月4日
 一条先生に御指導を戴き、「いろは歌」を書いてみた。賞状とは全く違う字体の為、呼吸法も変わる。  音楽にもリズムが有る様に、字体にもリズムが有る。此の作品は、「いろは歌」とは又違うリズムだ。  一条先生に御指導を戴き、「漢字仮名交じり文」に強弱の線を入れ、『自然な流れ』に仕上げた。字体は、「墨場必携」から引用した。 
[ホーム]
この Web サイトに関する質問やコメントについては、 まで電子メールをお送りください。
Copyright © 2006 夢文字・筆文字 御用達
最終更新日: 2011/05/04 水曜日

 聖士會館